追加 Analytics for Advertising Cloud マクロ先 Google Campaign Manager 360 広告タグ

Advertising CloudとAdobe Analyticsの統合のみの広告主

Advertising Cloud DSPのみに適用

の広告タグを使用する場合 Google Campaign Manager 360 Advertising Cloud DSP広告で、 %p マクロ. パラメーターレコード s_kwcid および ef_id ランディングページ URL のクエリー文字列パラメーター。Advertising Cloudは、広告のクリックデータをAdobe Analyticsに送信できます。

マクロの使用対象 Campaign Manager 360 次のタイプのディスプレイ広告とビデオ広告 Analytics for Advertising Cloud 実装:

  • 次を持つ広告主 Adobe Analytics for Advertising Cloud Web サイトに実装された JavaScript コード:JavaScript コードは既に s_kwcid および ef_id クエリー文字列パラメーター。 ただし、マクロを使用すると、サードパーティ cookie がサポートされていない場合に、クリックベースのコンバージョンを追跡に含めるようになります。 ベストプラクティスは、JavaScript コードで取り込まれていない追加のクリックスルーデータを取り込むために、以降のセクションのマクロを広告タグに追加することです。
メモ

JavaScript コードは、cookie が引き続き使用可能な間にのみクリック追跡をおこなうためのソリューションです。 Cookie が廃止されたら、次のマクロの実装が必要になります。

  • Web サイトが Analytics for Advertising Cloud JavaScript コードを使用し、代わりにを使用します。 Analytics クリックスルーデータ専用のサーバー側転送 (ビュースルーデータを含まない):Advertising Cloudで購入した広告に基づくオンサイトクリックアクティビティをレポートするには、次のマクロが必要です。

にマクロを追加する Google Campaign Manager 360 広告

内 Google Campaign Manager 360を、ディスプレイ広告およびビデオ広告の各ランディングページ URL に追加します。 %pamo=!;

ランディングページの URL は、複数の方法で指定できます。 各オプションの手順は、以下のサブセクションに記載されています。

次に、サフィックス付きのランディングページ URL の例を示します。

https://www.adobe.com/home?someparam1=somevalue1&%pamo=!;
メモ
  • ランディングページの URL に一般的でないハッシュ記号 (#) が含まれている場合は、 amo パラメーターをハッシュ記号の前に追加します。
  • 他のパラメーターが amo パラメーターを追加し、その後にパラメーター(&a=b など)を追加します。 例:https://www.adobe.com/home?someparam1=somevalue1&%pamo=!;&a=b#login

広告主レベルのランディングページの URL サフィックスの設定

  1. メインメニューで、 Advertisers タブをクリックします。
  2. 広告主名をクリックします。
  3. 内 Landing page URL suffix 設定、含む %pamo!; 内 URL suffix フィールドに入力します。

広告主レベルの設定

キャンペーンレベルのランディングページ URL サフィックスの設定

  1. メインメニューで、 Campaigns タブをクリックします。
  2. キャンペーン名をクリックします。
  3. クリック Properties.
  4. 内 Landing page URL suffix 設定、含む %pamo!; 内 URL suffix フィールドに入力します。

キャンペーンレベルの設定

クリエイティブレベルのランディングページ URL サフィックスの設定

  1. メインメニューで、 Campaigns タブをクリックします。
  2. キャンペーン名をクリックします。
  3. 内 Views メニュー、選択 Creatives.
  4. クリエイティブ名をクリックします。
  5. 内 Click tags 設定、含む %pamo!; 内 Landing page 列をクリックします。

クリエイティブレベルの設定

方法 Analytics for Advertising Cloud マクロはDSPで展開されます

DSPで、 Analytics for Advertising Cloud パラメータ (amo)、 ef_id および s_kwcid マクロはクリック URL に自動的に追加されます。 ベストプラクティスは、DSPでタグをチェックして、 ef_id および s_kwcid マクロが存在する。

次に、 Google Campaign Manager 360 ins タグ DSPで表示されるように

<ins class='dcmads' style='display:inline-block;width:160px;height:600px'
data-dcm-placement='N6482.2155306TUBEMOGUL/B23486129.261313631'
data-dcm-rendering-mode='iframe'
data-dcm-https-only
data-dcm-resettable-device-id=''
data-dcm-app-id='' data-dcm-click-tracker='${TM_CLICK_URL}'
data-dcm-param-amo='ef_id=${TM_USER_ID}:${TM_DATETIME}:d&s_kwcid=AC!${TM_AD_ID}!${TM_PLACEMENT_ID}'>
<script src='https://www.googletagservices.com/dcm/dcmads.js'></script>
</ins>

ユーザーが広告をクリックしたとき、 Google Campaign Manager 360 sees %pamo を指定し、 amo パラメーターを URL に追加します。

このページ