用 JavaScript コード Analytics for Advertising Cloud

Advertising CloudとAdobe Analyticsの統合のみの広告主

Advertising Cloud DSPのみの広告主

Advertising Cloud DSPの場合、 Analytics for Advertising Cloud 統合は、ビュースルーおよびクリックスルーサイトのインタラクションを追跡します。 クリックスルー訪問は、Web ページ上の標準のAdobe Analyticsコードで追跡されます。の Analytics コードはランディングページ URL に AMO ID および EF ID パラメーターをキャプチャし、それぞれの予約済み eVar で追跡します。 Web ページに JavaScript スニペットをデプロイすることで、ビュースルー訪問を追跡できます。

サイトへの訪問の最初のページビューで、Advertising Cloud JavaScript コードは、訪問者が広告を以前に閲覧またはクリックしたことがあるかどうかを確認します。 ユーザーが以前にクリックスルーでサイトに入ったことがある場合や、広告を表示していない場合、訪問者は無視されます。 訪問者が広告を閲覧した後、 ルックバックウィンドウをクリック Advertising Cloud内で設定した場合、Advertising Cloud JavaScript コード (a) は、 Experience CloudID サービス 追加の ID(SDID) または b) Adobe Experience Platformを使用 Web SDK generateRandomID メソッドを使用して StitchID. どちらの ID も、Advertising Cloudから訪問者のAdobe Analyticsヒットにデータをステッチするために使用されます。 次に、Adobe Analyticsは、広告公開に関連付けられた AMO ID と EF ID についてAdvertising Cloudをクエリします。 AMO ID と EF ID は、それぞれの eVar に入力されます。 これらの値は、指定された期間(デフォルトでは 60 日)保持されます。

Analytics サイトトラフィック指標(ページビュー数、訪問回数、滞在時間など)と Analytics EF ID をキーとして使用し、Advertising Cloudに 1 時間ごとに追加されたカスタムイベントまたは標準イベント。 これら Analytics 次に、指標がAdvertising Cloudのアトリビューションシステムを通じて実行され、コンバージョンがクリック履歴や露出履歴に結び付けられます。

メモ

Advertising Cloud JavaScript のトラッキングロジックはAdobe側で発生するので、ページの読み込み時間にほとんど影響しません。

これに対し、 DCM データコネクタ Analytics ( Google Campaign Manager 360)Advertising Cloud DSPの場合は、クライアント側で発生します。 クライアント側のステッチでは、ページの読み込みが遅くなり、データの損失のリスクが高まります。 これは、 Analytics JavaScript は ping が必要 DoubleClick 待つ DoubleClick を呼び出して、最後のクリック/インプレッションデータを Analytics. 次の場合、 DSP チームが設定 DCM data connector を使用する場合は、ページの遅延時間を指定する必要があります。

JavaScript コードのデプロイ

JavaScript ライブラリは、 Analytics Advertising Cloudは互いにコミュニケーションを取る この Analytics for Advertising Cloud 統合はAdvertising Cloudの実装中に完了しているので、デプロイ方法を示すこのコードを既に受け取っているはずです。

コード

Experience CloudID サービスを使用する実装 visitorAPI.js コード

<script>
     if("undefined" != typeof AdCloudEvent)
          AdCloudEvent('IMS ORG Id');
</script>

Experience Platform Web SDK alloy.jsコード

<script>
     if("undefined" != typeof AdCloudEvent)
          stitchId = AdCloudEvent('IMS ORG Id').generateRandomId();
</script>

コードの配置場所

この Analytics for Advertising Cloud 追加の ID(SDID) または StitchID を Analytics 呼び出しに含めることができます。

コードの配置

コードのデプロイメントの検証

任意の種類のパケットスニファー ( Charles, Fiddlerまたは Chrome Developer Tools) を比較するために、Advertising Cloudに送信されるリクエストと Analytics(以下に概要を示します)

を使用してコードを確認する方法 Chrome Developer Tools

  1. 開く Chrome Developer Tools をクリックし、 ネットワーク タブをクリックします。

  2. を含む Web サイトページを読み込みます Analytics for Advertising Cloud JavaScript。

  3. フィルター Network タブの基準 last とで、2 つの行を確認します。

    最後のフィルター

    • 最初の行は JavaScript ライブラリへの呼び出しで、タイトルは last-event-tag-latest.min.js.

    • 2 番目の行は、Advertising Cloudにリクエストを送信する呼び出しです。 最初は次のようになります。 _les_imsOrgId=[your_imsOrgId_here]&_les_url=[your_encoded_url]

      Advertising Cloudへの呼び出しが表示されない場合は、訪問の最初のページビューでない可能性があります。 テストの目的で、cookie を削除して、次の呼び出しが対応する訪問の最初のページビューになるようにできます。

      1. 「アプリケーション」タブで、 adcloud cookie を確認し、cookie に _les_v (最後の訪問)の値が y と、30 分で期限切れになる UTC エポックタイムスタンプ。
      2. を削除します。 ad cloud cookie を更新し、ページを更新します。
  4. (Experience CloudID サービスを使用する実装 ) visitorAPI.js コード ) フィルター /b/ss をクリックして Analytics ヒットを確認します。

    フィルター

  5. (Experience Platform Web SDK alloy.jsコード ) フィルター /interact を使用して、Edge ネットワークへのリクエストペイロードにが含まれていることを確認します。 advertisingStitchID.

    フィルター

  6. 2 つのヒット間で ID 値を比較します。 すべての値は、Analytics ヒット内のレポートスイート ID(の直後の URL パス)を除く、クエリー文字列パラメーターに含まれます /b/ss/.

    ID Analytics パラメーター Edge Network Advertising Cloud Parameter
    Experience CloudIMS Org mcorgid _les_imsOrgid
    追加データ ID sdid _les_sdid
    ステッチ ID stitchId advertisingStitchID の下に _adcloud プロパティ
    Analytics レポートスイート 次の後の値 /b/ss/ _les_rsid
    Experience Cloud訪問者 ID mid _les_mid

    ID 値が一致する場合、JavaScript の実装が確認されます。 Advertising Cloudが Analytics クリックスルーまたはビュースルートラッキングの詳細(存在する場合)をサーバーに送信します。

を使用してコードを確認する方法 Adobe Experience Cloud Debugger

  1. を開きます。 Adobe Experience Cloud Debugger をホームページに追加します。

  2. 次に移動: Network タブをクリックします。

  3. 内 Solutions Filter ツールバー、クリック Advertising Cloud および Analytics.

  4. 内 Request URL – Hostname パラメータ行、を見つけます。 lasteventf-tm.everesttech.net.

  5. 内 Request – Parameters 行で、生成されたシグナルを監査します。「を使用してコードを確認する方法 Chrome Developer Tools."

    • (Experience CloudID サービスを使用する実装 ) visitorAPI.js コード ) Sdid パラメーターは Supplemental Data ID (Adobe Analyticsフィルター )
    • (Experience Platform Web SDK alloy.jsコード ) advertisingStitchID パラメーターは Sdid をExperience PlatformEdge ネットワークに送信しました。
    • コードが生成されない場合は、「 Application タブをクリックします。 削除したら、ページを更新し、処理を繰り返します。

    監査 Analytics for Advertising Cloud の JavaScript コード Experience Cloud Debugger

このページ