Advertising Cloud ID を使用した作成 Marketing Channels 処理ルール

Advertising CloudとAdobe Analyticsの統合のみの広告主

Advertising Cloud ID (AMO ID と EF ID) を設定します。 Marketing Channels Adobe Analyticsの処理ルール Advertising Cloud ID をAdvertising Cloudキャンペーンに固有のルールに使用します。

処理ルール内の AMO ID

AMO ID は、内でAdvertising Cloudデータをレポートするために使用される主なトラッキングコードです Analytics. AMO ID は、内で詳細なレポートを提供するために、Adobeが管理する動的な値を連結したものです。 Analytics. これは、 Analytics eVar または rVar ディメンション (AMO ID)。 AMO ID は、で設定できます。 Analytics 次の 2 つの方法で、

  • クリックスルートラッキング:Advertising Cloudが s_kwcid リンク内のクエリー文字列パラメーター、および Analytics クリックスルーが発生した場合に、ランディングページ URL からパラメーターを取得します。
  • ビュースルートラッキング (DSP ):最後のイベントサービスは、サーバー側のビュースルーを検出し、AMO ID をに送信します。 Analytics. この場合、URL には s_kwcid パラメーター。

AMO ID 内の動的な値は、追跡されたマーケティングチャネルを示します。

  • AMO ID のプレフィックスは、内の最上位チャネルを識別するために使用できます Marketing Channels.

  • AMO ID の本文の文字フレーズは、より具体的なキャンペーンタイプを示します。

  • サフィックス「vt」が DSP ビュースルートラフィックに関連付けられ、別々のクリックスルーとビュースルーの作成に使用できます。 DSP チャネル。

残りの AMO ID は無視できます。

AMO ID チャネル ルールロジック
アル! (プレフィックス) Paid Search 次で始まる
交通! (プレフィックス) DSP 次で始まる
!g! (本文) Google Search 次を含む
!s! (本文) Search Partner 次を含む
!d! (本文) Display Network 次を含む
!u! (本文) Smart Shopping Campaign 次を含む
!ytv! (本文) YouTube Video Ad 次を含む
!yts! (本文) YouTube Search Ad 次を含む
!vp! (本文) Google Video Partners 次を含む
!vt (サフィックス) DSP View-through 次で終わる

AMO ID を使用する処理ルールの例

この Marketing Channels 処理ルール Paid Search チャネルは次のようになります。

の例 Paid Search ルール

この Marketing Channels 処理ルール YouTube Video Ads チャネルは次のようになります。

の例 YouTube Video Ads ルール

重要

ルールは、特異性の順に実行するようにしてください。 上記の 2 つのルールが順番に実行された場合、 YouTube ビデオ広告トラフィックは、すべて Paid Search チャネルを設定する必要があります。AMO ID は共に「AL!」で始まるからです。 「!ytv!」が含まれている必要があります。

処理ルール内の EF ID

AMO EF ID(EF ID) は、 Analytics for Advertising Cloud 統合とも呼ばれます。 その主な目的は、トラッキングとパス Analytics イベントデータをAdvertising Cloudに送信します。 同じ訪問者に対してまったく同じ広告である場合でも、クリックスルーまたはビュースルーが発生するたびに、一意の EF ID が生成されます。 EF ID は、 Analytics の変数制限あたりのユニーク値が通常 500,000 個を超えるので、レポートユーザーインターフェイスを使用します。 Analyticsレポートで使用できなくなります。 Advertising Cloudの指標とメタデータは、EF ID には適用されません。これらは AMO ID にのみ適用されます。 Advertising Cloudでキャンペーンを最適化するには、追加された精度のトラッキングが必要なので、両方の ID が必要です。

ただし、EF ID ディメンションは Analytics レポートの場合、EF ID はマーケティングチャネルの作成に役立ちます。 EF ID サフィックスは、チャネル(表示または検索)と、訪問がクリックスルーまたはビュースルーによって駆動されたかどうかを示します。 EF ID の区切り文字は、AMO ID 内の感嘆符ではなくコロンです。

EF ID サフィックス チャネル
:s Paid Search
:d Display Click-through
:i Display View-through

EF ID を使用する処理ルールの例

クリックスルールを表示

クリックスルーのみを取り込んで、ディスプレイクリックスルーマーケティングチャネルを作成します。 AMO ID はクリックスルー数とビュースルー数の両方で同じなので、このルールでは EF ID 変数と ef_id クエリー文字列パラメーター。

クリックスルーは、URL(デフォルト)で追跡される場合があります。 その他の場合は、クリックスルーはサーバー側の最後のイベントサービスで追跡されるので、URL には ef_id パラメーター。 したがって、EF ID 変数または ef_id クエリー文字列パラメーターが「:d」で終わる。 「Any」演算子を使用する必要があります。

表示のクリックスルールールの例

ビュースルールを表示

表示ビュースルーチャネルを作成するには、EF ID が「:i」で終わるルールを作成します。 訪問者が広告をクリックしなかったので、ビュースルートラッキングには ef_id または s_kwcid 」と入力します。 したがって、必要な条件は 1 つだけです。

表示ビュースルールの例

このページ