Advertising Cloud ID 使用者 Analytics

Advertising CloudとAdobe Analyticsの統合のみの広告主

Advertising Cloud DSPおよびAdvertising Cloud Searchに適用

Advertising Cloudでは、オンサイトパフォーマンストラッキングに 2 つの ID を使用します。の EF ID そして AMO ID.

広告インプレッションが発生すると、Advertising Cloudは AMO ID と EF ID の値を作成して保存します。 広告を閲覧した訪問者が広告をクリックせずにサイトに入ったとき、 Analytics は、Advertising Cloudから Analytics for Advertising Cloud JavaScript コード。 ビュースルートラフィックの場合、 Analytics は追加の ID(SDID) で始まり、EF ID と AMO ID をステッチするために使用されます。 Analytics. クリックスルートラフィックの場合、これらの ID は s_kwcid および ef_id クエリー文字列パラメーター。

Advertising Cloudは、次の条件を使用して、Web サイトへのクリックスルーエントリとビュースルーエントリを区別します。

  • ビュースルーエントリは、広告を表示した後、広告をクリックせずにユーザーがサイトを訪問した場合にキャプチャされます。 Analytics は、次の 2 つの条件を満たした場合にビュースルーを記録します。
  • クリックスルーエントリは、サイト訪問者がサイトに入る前に広告をクリックするとキャプチャされます。 Analytics は、次のいずれかの条件が発生した場合にクリックスルーをキャプチャします。
    • URL には、Advertising Cloudによってランディングページ URL に追加された EF ID と AMO ID が含まれます。
    • URL にトラッキングコードは含まれていませんが、Advertising Cloud JavaScript コードは過去 2 分以内にクリックを検出します。

Advertising Cloud View-based Analytics 統合

図 1:Advertising Cloud View-based Analytics 統合

Advertising Cloudのクリック URL ベース Analytics 統合

図 2:Advertising Cloudのクリック URL ベース Analytics 統合

Advertising Cloud EF ID

EF ID は、Advertising Cloudがアクティビティをオンラインクリックまたは広告公開に関連付けるために使用する一意のトークンです。 EF ID は、 Analytics eVar または rVar( 予約eVar) ディメンション (Advertising Cloud EF ID) を使用して、個々のブラウザーまたはデバイスレベルで各広告のクリックまたは露出を追跡します。 EF ID は主に送信のキーとして機能します Analytics Advertising Cloud内でのレポートおよび入札の最適化のためのデータをAdvertising Cloudに送信します。

EF ID 形式

<Advertising Cloud visitor ID>:<timestamp>:<channel type>

場所:

  • <Advertising Cloud visitor ID> は、訪問者ごとの一意の ID です(UhKVaAABCkJ0mDt など)。 「 サーファー ID.

  • <timestamp> は、YYYYMMDDHHMMSS という形式の時刻です (2019 年の場合は20190821192533、08 月の場合は 21 日、19 時など )。:25:33).

  • <チャネルタイプ> は、クリックまたは露出の原因となるチャネルタイプです。

    • d DSPディスプレイ広告のクリック(クリックスルーを表示)
    • i DSPディスプレイ広告のインプレッション(表示ビュースルー)の場合
    • s 検索広告のクリック(検索クリックスルー)。

EF ID:WcmibgAAHJK1RyY:1551968087687:d

[!NOTE]

EF ID では大文字と小文字が区別されます。 次の場合、 Analytics 実装により、URL トラッキングが強制的に小文字に変換され、Advertising Cloudは EF ID を認識しません。 これはAdvertising Cloudの入札とレポートに影響しますが、内のAdvertising Cloudレポートには影響しません Analytics.

の EF IDDimension Analytics

In Analytics レポートでは、EF ID データを検索するには、 EF ID ディメンションと使用 EF ID Instance 指標。

EF ID には、Analysis Workspaceでの 500,000 個の一意の ID 制限が適用されます。 500,000 個の値に達すると、すべての新しいトラッキングコードが 1 行項目のタイトル「Low Traffic." レポートの正確性が欠落する可能性があるので、EF ID は分類されず、でのセグメントやレポートに使用しないでください Analytics.

Advertising Cloud AMO ID

AMO ID は、より詳細なレベルで一意の広告の組み合わせを追跡し、 Analytics Advertising Cloudからの広告指標(インプレッション数、クリック数、コストなど)のデータ分類と取り込み AMO ID は、 Analytics eVar または rVar ディメンション (AMO ID)。でのレポートにのみ使用されます。 Analytics.

AMO ID は、 s_kwcid(「the squid."

の AMO ID フォーマット DSP

<Channel ID>!<Ad ID>!<Placement ID>

場所:

  • <チャネル ID> は次のいずれかになります。

    • AC = Advertising Cloud DSP
    • AL Advertising Cloud Search
  • <広告 ID> は、Advertising Cloudで生成された広告の一意の識別子を使用します。 Advertising Cloudエンティティのメタデータを読み取り可能にするキーとして機能します Analytics ディメンション。

  • <プレースメント ID> は、Advertising Cloudで生成された配置の一意の ID です。 Advertising Cloudエンティティのメタデータを読み取り可能にするキーとして機能します Analytics ディメンション。

AMO ID の例:AC!iIMvXqlOa6Nia2lDvtgw!GrV6o2oV2qQLjQiXLC7

の AMO ID Search 各検索エンジンで異なる形式に従います。 すべての検索エンジンの形式は、次のように始まります。

AL!{ef_userid}!{ef_sid}

場所:

  • AL は、検索チャネルのチャネル ID です。
  • {ef_userid} は、Advertising Cloudが広告主に割り当てる一意の数値ユーザー ID です。
  • {ef_sid} は、Advertising Cloudが指定した検索エンジンに使用する数値 ID です(例: )。 3 対象 Google Ads または 10 対象 Microsoft Advertising.

以下は、いくつかの検索エンジンでの完全な AMO ID 形式です。 他の検索エンジンの AMO ID 形式については、 Adobe アカウントマネージャー。

の AMO ID フォーマット Google Ads:

AL!{ef_userid}!{ef_sid}!{creative}!{matchtype}!{placement}!{network}!{product_partition_id}!{keyword}!{campaignid}!{adgroupid}

場所:

  • {creative} が Google Ads クリエイティブの一意の数値 ID。
  • {matchtype} は、広告をトリガーしたキーワードの一致タイプです。 e 正確には p ( フレーズの場合は、 b 幅の広い
  • {placement} は、広告がクリックされた Web サイトのドメイン名です。 値は、配置ターゲットキャンペーンの広告と、コンテンツサイトに表示されるキーワードターゲットキャンペーンの広告で使用できます。
  • {network} クリック元のネットワークを示します。 g 対象 Google 検索(キーワードターゲット広告のみ) s 検索パートナー(キーワードターゲット広告のみ)、または d ディスプレイネットワーク用(キーワードターゲット広告またはプレースメントターゲット広告用)。
  • {keyword} は、(検索サイトで)広告をトリガーした特定のキーワードか、(コンテンツサイトで)最適なキーワードのどちらかです。

の AMO ID フォーマット Microsoft Advertising:

AL!{ef_userid}!{ef_sid}!{AdId}!{OrderItemId}

場所:

  • {AdId} が Microsoft Advertising クリエイティブの一意の数値 ID。
  • {OrderItemId} が Microsoft Advertising キーワードの数値 ID。

AMO IDDimension(内) Analytics

Analytics レポートでは、 AMO ID ディメンションと使用 AMO ID Instance 指標。 この AMO ID ディメンションには、取得されたすべての AMO ID 値が格納されますが、 AMO ID Instance 指標は、AMO ID 値がサイトによってキャプチャされた頻度を示します。 例えば、同じ検索広告が 4 回クリックされたが、Analytics が 7 つのサイトエントリを追跡した場合、 AMO ID Instance 7 歳で Clicks は 4(4) です。

内の任意のレポートまたは監査 Analyticsを使用する場合、ベストプラクティスは、AMO ID を対応するインスタンスと共に使用することです。 詳しくは、のデータ検証 Analytics for Advertising Cloud」(「 Analytics Advertising Cloud」

Analytics 分類について

In Analytics, a 分類 は、アカウント、キャンペーン、広告など、特定のトラッキングコードのメタデータの一部です。 Advertising Cloudは、レポートを生成する際に様々な方法(広告タイプやキャンペーンごと)でデータを表示できるように、分類を使用して生のAdvertising Cloudデータを分類します。 分類は、Adobe Analytics でのAdvertising Cloudレポートの基礎となります。 Analytics とは、AMO 指標と共に使用できます。例: AMO Cost, AMO Impressions、および AMO Clicks、およびのようなカスタムおよび標準のオンサイトイベント Visits, Leads, Orders、および Revenue.

このページ