A と B の間で予想されるデータの相違 Analytics とAdvertising Cloud

Advertising CloudとAdobe Analyticsの統合のみの広告主

次を持つ広告主 Analytics for Advertising Cloud 統合は、Advertising CloudとAdobe Analyticsを通じて有料広告を追跡します。 複数のシステムを介してメディア、キャンペーン、チャネルを追跡する場合、異なるシステムの同じデータセットが完全に一致することはほとんどありません。 このドキュメントでは、Advertising Cloudを通じて配信されるメディアのデータを、そのメディアがトラッキングされる様々なシステムのデータと比較する方法について説明します Analytics.

メモ

このドキュメントはAdvertising Cloudと Analytics に焦点を当てていますが、主なポイントの多くは他のトラッキングソリューションにも移行できます。

類似したレポートでのアトリビューションの違い

潜在的に異なるルックバックウィンドウとアトリビューションモデル

この Analytics for Advertising Cloud 統合では、2 つの変数(eVar または rVars [reserved eVars]\)を使用して EF ID と AMO ID. これらの変数は、単一のルックバックウィンドウ(クリックスルーとビュースルーの属性が割り当てられる時間)とアトリビューションモデルを使用して設定されます。 特に指定のない限り、変数は、Advertising Cloudのデフォルトの広告主レベルのクリックルックバックウィンドウとアトリビューションモデルに一致するように設定されます。

ただし、ルックバックウィンドウとアトリビューションモデルは、Analytics(eVar 経由)とAdvertising Cloudの両方で設定できます。 さらに、Advertising Cloudでは、アトリビューションモデルは広告主レベル(入札の最適化用)でのみならず、個々のデータビューおよびレポート内(レポート目的のみ)で設定できます。 例えば、最適化のために偶数配分アトリビューションモデルを使用し、Advertising Cloud DSPのレポートにラストタッチアトリビューションを使用したい場合や Search. アトリビューションモデルを変更すると、アトリビューションコンバージョンの数が変更されます。

レポートのルックバックウィンドウまたはアトリビューションモデルが 1 つのプロダクトで変更され、他のプロダクトでは変更されない場合、各システムと同じレポートに個別のデータが表示されます。

  • 様々なルックバックウィンドウが原因で生じる不一致の例を次に示します。

    Advertising Cloudに 60 日間のクリックルックバックウィンドウがあり、 Analytics には、30 日間のルックバックウィンドウがあります。 また、ユーザーがAdvertising Cloudで追跡された広告を通じてサイトにアクセスし、サイトを離れてから、45 日目に戻り、コンバージョンをおこなったとします。 60 日間のルックバックウィンドウ内で変換がおこなわれたので、Advertising Cloudでは最初の訪問に変換が関連付けられます。 Analyticsただし、は、30 日間のルックバックウィンドウの有効期限が切れた後にコンバージョンが発生したので、初回訪問にコンバージョンを関連付けることはできません。 この例では、Advertising Cloudのコンバージョン数が Analytics そうです。

    Advertising Cloudに属するが属さないコンバージョンの例 Analytics

  • 様々なアトリビューションモデルが原因で生じる不一致の例:

    コンバージョンをおこなう前に、ユーザーが 3 つの異なるAdvertising Cloud広告を操作し、コンバージョンタイプに売上高を指定したとします。 Advertising Cloudのレポートで、アトリビューションに均等配分モデルが使用されている場合、すべての広告の売上高を均等にアトリビューションします。 If Analytics はラストタッチ属性モデルを使用しますが、その後、売上高は最後の広告に関連付けられます。 次の例では、Advertising Cloudは、3 つの広告のそれぞれに対して取り込まれた売上高の 30 米ドルのうち、10 米ドルを利用しています。 Analytics は、ユーザーが閲覧した最後の広告に対する売上高の 30 USD すべてを属性にします。 Advertising Cloudと Analyticsの場合は、アトリビューションの違いの影響を確認できます。

    Advertising Cloudと Analytics 様々なアトリビューションモデルに基づく

重要

ベストプラクティスは、Advertising Cloudと Analytics. の使用 Adobe 必要に応じて、現在の設定を特定し、設定を同期させておくアカウントチーム。

これらの同じ概念は、異なるルックバックウィンドウやアトリビューションモデルを使用する他のチャネルなどにも当てはまります。

ビュースルートラッキングのための異なるルックバックウィンドウ

Advertising Cloudでは、アトリビューションはクリック数とインプレッション数に基づいており、クリック数やインプレッション数に応じて様々なルックバックウィンドウを設定できます。 In Analyticsただし、アトリビューションはクリックスルー数とビュースルー数に基づいており、クリックスルー数とビュースルー数に対して異なるアトリビューションウィンドウを設定するオプションはありません。最初のサイト訪問時に開始する各のトラッキング。 インプレッションは、ビュースルーが発生する同じ日または複数日前に発生する可能性があり、各システムでアトリビューションウィンドウが開始する場合に影響を与える可能性があります。

通常、ビュースルーコンバージョンの大部分はすぐに発生し、両方のシステムがクレジットを考慮に入れます。 ただし、一部の変換は、Advertising Cloudインプレッションのルックバックウィンドウ以外で、 Analytics ルックバックウィンドウこのようなコンバージョンは、 Analytics しかしAdvertising Cloudの印象には

次の例では、訪問者が Day 1 に広告を提供し、ビュースルー訪問(つまり、広告を以前にクリックせずに広告のランディングページを訪問)を実行し、Day 2 に変換したとします。その後、 45 に変換したとします。 この場合、Advertising Cloudは(14 日間のルックバックを使用して)Days 1 ~ 14 のユーザーを追跡します。 Analytics では 2 ~ 61 日(60 日間のルックバックを使用)のユーザーを追跡し、45 日目のコンバージョンは内の広告に関連付けられます Analytics しかしAdvertising Cloudの中では

に属するビュースルーコンバージョンの例 Analytics しかしAdvertising Cloudは

不一致のさらなる原因は、Advertising Cloudでは、ビュースルーコンバージョンをカスタム ビュースルーの重み クリックベースの変換に起因する重みに対する相対的な値。 デフォルトのビュースルーの重み付けは 40%です。つまり、ビュースルーのコンバージョンは、クリックベースのコンバージョンの値の 40%としてカウントされます。 Analytics では、ビュースルーコンバージョンに対して、このような重み付けは行われません。 例えば、 Analytics は、デフォルトのビュースルーの重み付け(60 USD の違い)を使用している場合、Advertising Cloudで 40 USD に割引されます。

Advertising Cloudと Analytics レポート。

使用可能なアトリビューションモデル

Advertising Cloud Attribution Analytics 帰属 eVar/rVar 配分
Last Event Last Touch Most Recent
First Event First Touch Original Value
Weight First Event More 該当なし 該当なし
Even Distribution Linear Linear

使用しない*
Weight Last Event More 該当なし 該当なし
U-Shaped U-Shaped 該当なし
該当なし J-Shaped 該当なし
該当なし Inverse-J 該当なし
該当なし Custom 該当なし
該当なし Participation 該当なし
該当なし Algorithmic 該当なし
メモ

線形配分の場合、 Analytics 属性成功イベントは、1 回の訪問のすべてのeVar値に均等に配分されるので、「訪問」のeVar有効期限を持つ線形配分を使用します。 ただし、広告の場合、線形アトリビューションを使用すると、配分が実際には線形ではなく、理想的でないレポートになります。 例えば、訪問者が 3 つの広告を操作してから 3 回の個別の訪問にコンバージョンした場合、3 つの広告のすべてではなく、最後の訪問で表示された広告のみがコンバージョンに関連付けられます。

また、コンバージョンの配分を「線形」に切り替えたり、「線形」から切り替えたりすると、履歴データが表示されなくなり、レポートに誤ったデータが表示される可能性があります。 例えば、線形配分では売上高を様々なeVar値に分割できます。 配分を「最新」に変更すると、その売上高の 100%が最新の単一の値に関連付けられます。 この関連付けは、誤った結論に導く可能性があります。

混乱を避けるために Analytics は、レポートインターフェイスで履歴データを使用できなくします。 履歴eVarを表示するには、eVar割り当て設定を変更して履歴データにアクセスする必要はありませんが、データを初期割り当て設定に戻した場合に履歴データを表示できます。 Adobeでは、既に大量の履歴eVarを持つeVarの割り当て設定を変更するのではなく、記録済みのデータに対して新しい割り当て設定を適用する場合に、新しいデータを使用することをお勧めします。

次のリストを参照: Analytics アトリビューションモデルとその定義 ( https://experienceleague.adobe.com/docs/analytics-platform/using/cja-workspace/attribution/models.html?lang=ja?lang=ja.

Advertising Cloudにログインしている場合、アトリビューションモデルのリストは、
https://enterprise-na.efrontier.com/CMDashboard/help/external/tracking/r_appendix_-_how_attribution_rules_are_calculated.htm.

Advertising Cloudのイベント日属性

Advertising Cloudでは、関連するクリック日/イベント日(クリックイベントまたはインプレッションイベントの日付)またはトランザクション日(コンバージョン日)に基づいてコンバージョンデータをレポートできます。 クリック/イベント日レポートの概念がに存在しません Analytics;で追跡されたすべてのコンバージョン Analytics はトランザクション日別にレポートされます。 その結果、Advertising Cloudで同じコンバージョンが異なる日付でレポートされ、 Analytics. 例えば、1 月 1 日に広告をクリックして 1 月 5 日にコンバージョンするユーザーがいるとします。 Advertising Cloudでイベント日別にコンバージョンデータを表示している場合、クリックが発生した 1 月 1 日にコンバージョンがレポートされます。 In Analytics同じコンバージョンが 1 月 5 日に報告されます。

異なる日付に属するコンバージョンの例

の属性 Analytics Marketing Channels

Analytics Marketing Channels レポート では、ヒット情報の個々の側面に基づいて様々なマーケティングチャネルを識別するルールを設定できます。 Advertising Cloudで追跡したチャネル (Display Click Through, Display View Through、および Paid Search) Marketing Channels を使用して、 ef_id チャネルを識別するクエリー文字列パラメーター。 ただし、 Marketing Channels レポートではAdvertising Cloudチャネルを追跡できますが、いくつかの理由でデータがAdvertising Cloudレポートと一致しない場合があります。 詳しくは、次の節を参照してください。

メモ

以下のコア概念は、Advertising Cloudで追跡されないキャンペーン ( campaign 変数 (「トラッキングコード」Dimensionまたは「eVar0」とも呼ばれます ) とカスタムeVarトラッキング。

では様々なアトリビューションモデルが生成される可能性がある Marketing Channels

最も多い Marketing Channels レポートは Last Touch アトリビューション。最後に検出されたマーケティングチャネルに、コンバージョン値の 100%が割り当てられます。 の様々なアトリビューションモデルの使用 Marketing Channels レポートとAdvertising Cloudレポートでは、属性コンバージョンの相違が生じます。

の別のルックバックウィンドウ Marketing Channels

のルックバックウィンドウ Marketing Channels カスタマイズ可能です。 Advertising Cloudでは、クリックのルックバックウィンドウを設定できますが、60 日間の固定ウィンドウは一般的です。 2 つの製品で異なるルックバックウィンドウが使用されている場合、データの相違が生じる可能性があります。

での様々なチャネルアトリビューション Marketing Channels

Advertising Cloudレポートは、Advertising Cloudを通じてトラフィックされた有料メディア (Advertising Cloud Search広告に対する有料検索とAdvertising Cloud DSP広告に対する表示 ) のみを取り込む一方、 Marketing Channels レポートでは、すべてのデジタルチャネルを追跡できます。 これは、コンバージョンが属するチャネルに矛盾が生じる可能性があります。

例えば、有料検索や自然検索のチャネルは、多くの場合共生関係にあり、各チャネルが相互に支援します。 この Marketing Channels レポートでは、Advertising Cloudが自然検索を追跡しないのではない自然検索のコンバージョンが、一部のコンバージョンに起因すると考えられます。

また、ディスプレイ広告を表示し、有料検索広告をクリックし、電子メールメッセージ内をクリックして、30 米ドルの注文をするお客様も考えてみましょう。 たとえAdvertising Cloudと Marketing Channels 両方ともラストタッチアトリビューションモデルを使用しているので、コンバージョンの属性はそれぞれ異なります。 Advertising Cloudは Email チャネルに送信されるので、有料検索にコンバージョンのクレジットが付与されます。 Marketing Channelsただし、は 3 つのチャネルすべてにアクセスできるので、 Email を呼び出します。

Advertising Cloudと Analytics Marketing Channels

指標が異なる理由について詳しくは、Advertising Cloudと Marketing Channels."

Adobe Analyticsのデータの違い Paid Search Detection

この レガシー Paid Search Detection の特徴 Analytics 企業が 有料検索トラフィックとオーガニック検索トラフィックを追跡するルールを定義する を参照してください。 この Paid Search Detection ルールでは、クエリ文字列と参照ドメインの両方を使用して、有料検索トラフィックと自然検索トラフィックを識別します。 この Paid Search Detection レポートは、 検索方法 レポート。指定したイベント(買い物かごのチェックアウトなど)が発生したとき、または訪問が終了したときに期限切れになります。

次に、 Paid Search Detection ルールセット:

有料検索検知ルールの例 ( Analytics

結果 Paid Search Detection レポートには、 Paid Search Engine, Paid Search Keywords, Natural Search Engine、および Natural Search Keywords レポート。

のデータに関する次の 2 つの制限に注意してください。 Paid Search Detection レポート:

  • この Paid Search Keywords および Natural Search Keywords レポートには、ユーザーが入札するキーワードではなく、参照 URL で識別された検索クエリが表示されます。 Advertising Cloudと Analytics レポートには実際のキーワードが表示されるので、 Paid Search Detection キーワードレポート。

  • 次の場合に Paid Search Detection もともとの機能は作成されたので、元の検索クエリ(ユーザーが検索エンジンの検索バーに入力した文字列)は、参照 URL を使用して、より簡単に広告主に提供されるようになりました。 現在、検索エンジンは検索クエリをほとんど不明化し、 Paid Search Detection ほとんどのクエリデータは「未指定」に分類されるので、キーワードレポートの値は制限されます。

    を使用 Analytics for Advertising Cloudを使用して、広告主は有料キーワードを引き続き追跡できます Analytics. 参照ドメインは、トラフィックを駆動した検索エンジンをエンジンレポートに通知します。 広告主固有のアカウント情報は参照ドメインに結び付けられないので、すべてのトラフィックは検索エンジンの下に表示されます。 同じ検索エンジンに複数のアカウントを持つ広告主は、Advertising Cloudまたは Analytics レポートを作成することをお勧めします。

を設定する理由 Paid Search Detection?

この Paid Search Detection レポートでは、 Analytics Marketing Channels レポート. 有料検索トラフィックと自然検索トラフィックを区別することは、自然検索が完全なマーケティングエコシステムにもたらす価値を理解するうえで役立ちます。

のクリックスルーデータ検証 Analytics for Advertising Cloud

統合の場合は、クリックスルーデータを検証して、サイト上のすべてのページがクリックスルーを適切に追跡していることを確認する必要があります。

In Analytics(を検証する最も簡単な方法の 1 つ) Analytics for Advertising Cloud トラッキングは、次のように計算される「AMO ID インスタンスへのクリック数」計算指標を使用して、クリック数をインスタンスと比較することです。

Clicks to AMO ID Instances = (AMO ID Instances / AMO Clicks)

AMO ID Instances は、AMO ID の回数を表します (s_kwcid パラメーター ) は、サイト上で追跡されます。 広告がクリックされるたびに、 s_kwcid パラメーターがランディングページの URL に追加されます。 この AMO ID Instancesしたがって、はクリック数に似ており、実際の広告クリックに対して検証できます。 のマッチ率は通常 80%です。 Search との 30%の一致率 DSP トラフィック(クリックスルーのみを含めるようにフィルタリングした場合) AMO ID Instances) をクリックします。 検索と表示の期待値の違いは、予想されるトラフィック動作によって説明できます。 検索は目的をキャプチャし、そのため、ユーザーは通常、クエリの検索結果をクリックする予定です。 ただし、ディスプレイ広告やオンラインビデオ広告を見たユーザーは、意図せず広告をクリックした後、サイトからバウンスするか、ページアクティビティが追跡される前に読み込まれる新しいウィンドウを破棄する可能性が高くなります。

Advertising Cloudレポートでは、同様に、ef_id_instances」指標 ( AMO ID Instances:

Clicks to EF ID Instances = (ef_id_instances / Clicks)

AMO ID と EF ID の間で高い一致率が予想されますが、AMO ID と EF ID は基本的に異なるデータを追跡するので、100%のパリティは想定しないでください。この違いにより、合計の差がわずかに生じる可能性があります AMO ID Instances および EF ID Instances. 合計 AMO ID Instances in Analytics ~とは異なる EF ID Instances ただし、Advertising Cloudでは 1%以上、 Adobe アカウントチームに問い合わせてください。

AMO ID と EF ID について詳しくは、 Analytics で使用されるAdvertising Cloud ID.

以下は、インスタンスに対するクリック数を追跡するワークスペースの例です。

インスタンスに対するクリック数を追跡するワークスペースの例

でのデータセットの比較 Analytics for Advertising Cloud Advertising Cloudとの比較

この AMO ID (s_kwcid クエリー文字列パラメーター)は、 Analytics、および EF ID は、Advertising Cloudのレポートに使用されます。 異なる値なので、1 つの値が破損しているか、ランディングページに追加されていない可能性があります。

例えば、次のランディングページがあるとします。

www.adobe.com/?ef_id=test_ef_id&s_kwcid=test_amo_id

EF ID は「test_ef_id」と入力し、AMO ID は「test_amo_id."

サイト側のリダイレクトが発生した場合、URL は次のようになります。

www.adobe.com/?ef_id=test_ef_id&s_kwcid=test_amo_id#redirectAnchorTag

EF ID は「test_ef_id」と入力し、AMO ID は「test_amo_id#redirectAnchorTag."

この例では、アンカータグを追加すると、AMO ID に予期しない文字が追加されるので、Analytics では値を認識できません。 この AMO ID は分類されず、関連付けられたコンバージョンは「unspecified"または"none」内 Analytics レポート。

幸いにも、このような問題は一般的ですが、一般的には大きな相違は生じません。 ただし、 Analytics Advertising Cloudの EF ID については、 Adobe アカウントチームに問い合わせてください。

その他の指標に関する考慮事項

クリック数と訪問数の違い

これらは似ているようですが、クリック数と訪問数は異なるデータを表します。

  • クリック: DSP または、訪問者が投稿者の Web サイトで広告をクリックした場合に、クリックが記録されます。

  • 訪問: Analytics を定義します。 訪問 を使用して、30 分間の無操作状態など、いくつかの条件のいずれかに従って終了する一連のページビュー数として指定できます。

定義によると、1 回のクリックで複数の訪問が発生する可能性があります。

次の例を考えてみましょう。ユーザー 1 とユーザー 2 の両方が、Advertising Cloud広告をクリックしてサイトにアクセスします。 ユーザー 1 は 4 つのページを表示し、その日を退出したので、最初のクリックは 1 回の訪問になります。 ユーザー 2 は 2 つのページを閲覧し、45 分の昼食を取るために出発し、戻り、さらに 2 ページを閲覧し、その後出発します。この場合、最初のクリックでは 2 回の訪問になります。

クリック数と訪問数の違いの例

クリック数とクリックスルー数の違い

クリック数とクリックスルー数は、次の 2 つの異なる指標です。

  • クリック: DSP または、訪問者が投稿者の Web サイトで広告をクリックした場合に、クリックが記録されます。

  • クリックスルー: Analytics は、訪問者が宛先 Web サイトに到着したときのクリックスルーを記録し、ランディングページが読み込まれて、 Analytics ページの下部にあるリクエストは、データを Analytics.

誤った広告クリック数のため、クリック数とクリックスルー数は大きく異なる場合があります。 ディスプレイ広告でのほとんどのクリックは誤ってクリックされるもので、これらの誤って訪問者がランディングページを読み込む前に「戻る」ボタンを押したことがわかっています。 Analytics クリックスルーを記録できない。 これは特に、モバイル広告、ビデオ広告、広告など、誤ってクリックした可能性が高い広告で特に当てはまります。広告は、画面を埋め、ユーザーがページを表示する前に閉じる必要があります。

また、モバイルデバイスに読み込まれたサイトでは、帯域幅が低く処理能力が高く、ランディングページの読み込みに時間がかかるので、クリックスルーが発生する可能性が低くなります。 50 ~ 70%のクリックがクリックスルーにつながらないことは珍しくありません。 モバイル環境では、差が 90%まで高くなる可能性があります。これは、ブラウザーの速度が遅くなると、ページをスクロールしたり広告を閉じようとしたときにユーザーが誤って広告をクリックする可能性が高くなるからです。

クリックデータは、現在の追跡メカニズム(モバイルアプリに送信されるクリック数、モバイルアプリからのクリック数など)でクリックスルーを記録できない環境や、広告主が 1 つの追跡手法のみを導入した環境(JavaScript のビュースルー手法では、サードパーティ cookie をブロックするブラウザー)でも記録できます。 Adobeがクリック URL の追跡とビュースルー JavaScript の追跡の両方の方法をデプロイすることを推奨する主な理由は、追跡可能なクリックスルーを最大限に活用できるようにすることです。

Advertising Cloud以外のDimensionに対するAdvertising Cloudトラフィック指標の使用

Advertising Cloudは、 広告固有のトラフィック指標およびDSPと Search からの関連ディメンション. Advertising Cloudが提供する指標は、指定されたAdvertising Cloudディメンションにのみ適用でき、内の他のディメンションではデータを使用できません Analytics.

例えば、 AMO Clicks および AMO Cost Advertising Cloudディメンションであるアカウント別の指標を表示すると、合計が表示されます AMO Clicks および AMO Cost アカウント別。

Advertising Cloudディメンションを使用するレポート内のAdvertising Cloud指標の例

ただし、 AMO Clicks および AMO Cost Advertising Cloudがデータを提供しないページ上のディメンション(ページなど)による指標、 AMO Clicks および AMO Cost 各ページの値は、0(ゼロ)です。

サポートされていないディメンションを使用するレポート内のAdvertising Cloud指標の例

使用 AMO ID Instances をクリック数のAdvertising Cloud以外のDimensionの代わりに使用

を使用できないので、 AMO Clicks オンサイトディメンションを使用すると、クリック数に相当するものを見つけることができます。 訪問回数を代わりに使用したいと考えるかもしれませんが、各訪問者が複数回訪問する場合があるので、これらは最適な選択肢ではありません。 (「クリック数と訪問数の違い." 代わりに、 AMO ID Instances:AMO ID が取得された回数です。 While AMO ID Instances 一致しない AMO Clicks 正確には、これらはサイトでのクリックトラフィックを測定する最適なオプションです。 詳しくは、のデータ検証 Analytics for Advertising Cloud."

の例 AMO ID Instances の代わりに AMO Clicks サポートされていないディメンションの

このページ